ノートPC買った。

ThinkPad E480輸送外箱
ThinkPad E480買った。記念エントリ。でも前のエントリから3か月か。また間空いちゃったな。

ThinkPad E480内箱
内箱。前にThinkPad W500とX200Sをほぼ同時に購入したのが2009年。10年近くたってもこの「外箱+内箱」方式は変わってないなぁ。なおX61を購入したのはうろ覚えだけど2006年。さらに遡ると1995年ごろにはThinkPad220使ってた。

箱の中身、AC、本体、紙数枚。
開封。中身は大分昔と変わった。たったこれだけ。まぁ、今はメインPCがデスクトップだから、今回は身の回り雑用向けに数段グレードの落ちるEシリーズだったからね。TやXだと今でも色々付いてるのだろうか。

5/19注文 > 5/25出荷案内メール > 5/30納品予定日メール&ヤマトより連絡メール > 5/31納品
今回は今までより大分早かった。2週間以内は初めて。で、相変わらず納品予定の連絡が納品日のごく直前w。

仕様は以下にコピペ。これでクーポン使って税込8万切る値段は大分お買い得だと思う。
製品番号:20KNCTO1WWJAJPA
内容:
ThinkPad E480
Part No: 20KNCTO1WW
Configuration Details
● インテル Core i3-8130U プロセッサー (2.20GHz, 4MB)
● Windows 10 Pro 64bit
● Windows 10 Pro 64bit – 日本語版
● 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS)
● 8GB DDR4 2400MHz SODIMM
● インテル UHD グラフィックス 620
● Black
● 日本語キーボード (バックライト付)
● 指紋センサーあり、ブラック、PC/ABS/ペインティング
● 14.0型FHD液晶 IPS、アルミニウム、ブラック
● TPMあり(ハードウェアチップ搭載)
● カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
● 128GBソリッドステートドライブ PCIe M.2 (OPAL対応 )
● 3セル リチウムイオンバッテリー
● 45W ACアダプター(USB Type-C)
● IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)1×1 + Bluetooth 4.1
● 日本語
● 1年間 送付修理 メーカーへの送付・梱包料はお客様負担

キーボード写真
キーボード写真

寄りのキーボード写真
寄りのキーボード写真

今回日本語キーボードにしたのはVirticalEnterじゃないと対応できない身体だから。出たばっかりなんで他に選択肢が無い(イギリス英語とかギリシャとかアラビア語とか)。

McAfeeを消す
McAfeeが入ってたのでまず消す。昔購入した時は有料ソフトも入れたりしてたけど、今はマイクロソフトの標準機能で充分。というか他は邪魔なだけ。
裏蓋開封の写真
そして更新が終わったらまずはHDD増設。裏蓋開ける。裏蓋全体を開けなきゃいけないので結構大変だった。増設したのはこのSSHD

今のところは普通に使えてる。速度はこんな感じ。もとから付いてるPCIe M.2のSSDとの比較。やっぱりSSDとは差がある。

SSDとSSHDの速度比較
以上、備忘も含めた購入記念エントリ。写真がピンボケなのは古いスマホで撮ったから仕方ない。次はスマホ買い替えか。
最後、マニュアル通り引っ張っても取れず、ドライバで引っ掛けて引っ張ったらこんなになっちゃったHDDケースのタブ(涙)。反対側からHDDケース全体を引っ張ったほうが良い。

切れちゃったHDDケースのタブ

なんちゃってECサイト制作

ウェブデザイン技能検定の回答発表があったので自己採点。2問間違い。名前書き間違いとかしてなければ少なくとも学科は受かってるはず。良かった。

というわけで、今日からECサイト制作を再開してるわけです。参考にしている(というかそのまま打ち込んでいる)のは以前にも書いたけどこの本

今日も気合入れてやって2ファイルしか進んでない。難しい。理解しながらと言いたいけど、なんとなーく各スクリプトの動きがわかるかなーって程度の理解でひたすら打ち込み。
で、動かしてみるとぜんぜん駄目なのでコード見ながら、動作見ながら推理して修正を繰り返す。その結果ようやく全部の意味がわかる感じ。自分でも勉強になってるのか疑問な、かなり迂遠なことやってる自覚はあるんだけど、やっぱり修正してコードがちゃんと期待通り動いたり、コードの意味がわかって来たりするとすごく楽しいです。これは勉強というより遊びだな。

しかし資格試験の勉強なんかより脳味噌酷使するのは確かで、試験勉強中は大丈夫だった頭痛が再発。薬をがぶ飲みしながらコード打ってます。

今日はeclipseとZenの環境整備や慣らし(僕のね)もしながらだったのでスローペースだったってのもある。どっちも良い!なのでeclipseにもZenCording入れることになりそう。
その前にeclipseの64ビット化したいな。迂闊にもさっき32ビットだって気がついた。使っててちょっと引っかかる感じや起動に(比較的ね。比較対象はサクラw)時間かかる感じ が気になって色々見てたらわかりました。

64ビットeclipseはjava周りがちょっと不安定との噂もあるので、良く慣れてから取り掛かろうと思ってます。

Zen-Cording覚え書

僕は

  1. Ctrl + H
  2. Ctrl + Alt + ;
  3. Alt + 矢印

の三つだけ覚えよう。あ、もちろんCtrl + , も。
①は既存テキストのタグ付け。これは仕事で使えるでしょー。預かったテキストファイルのマークアップ作業ってまさにこのことだもの。
②は選択範囲のコメントアウト。うーんこれはプログラム書きにもほしいな。
③はテキスト入力エリアへのジャンプ。空タグ内とか””の中とか。
この3つは覚えやすくて速効性も高そう。つーか高い。すでに覚えた。

以上。あ、wordpressにも入れられるんだっけ。