AmazonFire 7 タブレット 買った。

一番安い8GBモデル。プライムセールの11日にぽちって、昨日到着。今日から使い始めた。
いくら何でも税込み3,480円は安すぎるよな。性能的にはIPhone5と同等という話があったけど納得。アプリ立ち上げがもたつく。
けど価格的には当然大満足。ほぼプライムビデオ専用端末のつもりで買ったんで、JaneStyle使えたり、simcity出来たりするのだけで大幅プラス評価。
保険は付けない。このデバイスは価格面でのメリット消しちゃったら意味ないと思うから、使えなくなったら買い替える。ケースぐらい買ってもいいかな。
飽きてきたらAndroid端末として、プログラミング(=広告表示)対象としてどこまで使えるか試してもいいと思ってる。
この値段だと出回ってる数が相当行ってると思うんで。

jawiki/latest 20170220/ のページ数の件>2143336

また5000ちょっとレコード増加。Wikipediaさんは相変わらず順調。

俺のほうもイマイチ優れない体調除けば順調。でもコーディングの進捗は牛歩。ほんとC++/CXの情報の少なさはコピペプログラマには辛すぎる。
面白いのはstackoverflowやMSのフォーラムでもUWP関連のドキュメントの整備具合はあんまり評判が良くないように見受けられること。
やっぱり思うことは一緒だよなー。サンプル通り打ち込んでも動かないと何を信じればいいのかわからなくなっちゃう。
先日もAPIドキュメントに例として載ってたコードを打ち込んだ結果、

void OnDrop(Platform::Object^ sender, Windows::UI::Xaml::DragEventArgs^ e)
{
	Platform::String^ aaa = safe_cast<Platform::String^> (e->Data->GetView()->Properties->Lookup("aaa"));
	OutputDebugString((aaa + L"\r\n")->Data());
}

落ちる。例そのまま、何も余計なことしていないのに落ちる。なおその例の載ってたドキュメントがどこだったかは失念。
というかドキュメントの更新頻度はすごく早いので2~3日前の状況と違うことがよくある。頑張ってくださってるのは間違いない。
で、数時間試行錯誤して結局サンプルを読むと違う書き方してるのでそれに倣ってみる。

void OnDrop(Platform::Object^ sender, Windows::UI::Xaml::DragEventArgs^ e)
{
	Platform::String^ aaa = safe_cast<Platform::String^> (e->DataView->Properties->Lookup("aaa"));
	OutputDebugString((aaa + L"\r\n")->Data());
}

問題なく動く。あの例は何だったんだということがあった。うーん。Javaで書いてる(コピペしてる)時と比べると一手間多い感じ。
まぁ俺のコーディング能力の無さが一番でかいんだけどね。

jawiki/latest 20170201/ のページ数の件>2137499

今回2回もデータ更新スキップしちゃった。スキップしたのは20170101と20170120。

年末から体調が優れず、けど仕事は休めず、UWP開発(ってほどのレベルに達してないけど)はやりたい、で他のことに手が出なかった。
でもC++/CXが大分楽しくなってきた。でもまぁUWPアプリやってる分にはマネージドの範囲でしかC++触ってないんだから、ポインターとかメモリ管理とか全く分かってないんだけど。
今やってるアプリが終わったら一度素のC++を勉強してみようと思ってる。けど他にも作りたいものあるし、思ってるだけになる予感もするw