ウェブデザイン技能検定2級・受験記その2

受験勉強続き
実技の勉強
学科の勉強と並行して、実技については問題集の模擬試験を毎日繰り返しやりました。最初の日は解くのに半日かかりましたが、一回やれば初心者レベルでも2時間位でできる内容です。後はタイムアタックのつもりで同じ内容を毎日繰り返す。ほんの少しバリエーションは変えながら(アニメーションをスクロールからフェードイン・アウトに変えてみる、とか)、最終的に模擬試験問題は1時間ほどで解けるようになりました。ちなみに、プロだとこの内容なら30分位だという噂も聞きました。当然なんだけど、やっぱり僕はまだまだです。
実技の勉強2
1週間ほどで飽きてきて、また、こんな勉強で良いのか不安なので、情報収集しました。すると「ロールオーバー問題」が出るとのこと。恥ずかしながらやり方を知らないので試験勉強に取り入れる。模擬試験を解くときにロールオーバー設定を入れるようにする。そして試験直前に2ちゃんに前回の実技内容が書かれてあったので、それを信じてやってみる。といってもそれまでやってた模擬試験と同内容なので、違いはJSのCSSスタイル操作関連の構文を復習しただけですが。
実技の勉強まとめ
学科と違い、まだ合否が全くわからない僕の経験を参考にしてもらっても意味がないですね。実技についてはホントに備忘録だとお考えください。ただ、感想を述べさせてもらうと、実技試験の勉強は資格試験対策というよりweb制作の練習として僕にはとても有意義でした。flashも使ったことがなかったので、これで初歩的な使い方は覚えられましたし、訓練の授業ではあまり好きでなかったDWにもだいぶ慣れることが出来ました。念のために書いとくと、この試験の受験勉強にはAdobeの関連ソフトの利用は必須です。何より試験会場では他のオーサリングソフトは使えませんし、ぶっつけ本番では無理です。サクラエディターは大好きですが、エディターではアニメーションバナーは作れません。国家試験での特定ソフトへの誘導は賛否は分かれるところでしょうが、ともかく体験版が1カ月使えますし、「資格を取得する」という目的だけなら、それで充分だと思います。ちなみに、試験会場には必ずCS4か5が導入されているようです。会場担当団体にはAdobeから無料貸与されるようですから、古いマシンが設置してある会場以外ではCS3以前がある理由がないかとも思います。受験会場にCS3以前が設置されている場合のみ、受験票と一緒にその旨の案内が送られてくるそうです。まぁ、僕の場合試験会場のPCはCS5だったのでそこはいつも使っているもので良かったのですが、XP(!)だったことに戸惑いました。Vistaよりはましとも言えますが、7が出て1年以上たち、サポートも切れた現在、Xpを触ることになるとは思いませんでした。

以上。まだ続きます。